マンションリノベーション

暮らしのこだわりやスタイル、テイストにぴったり合う洗練された住空間のすべてをトータルコーディネート。

ホーム » マンションリノベーション

暮らしをデザインする

お客様のご希望をていねいにお聞きして、暮らしのこだわりやスタイル、テイストにぴったり合う洗練された住空間のすべてをトータルコーディネートします。
内装から水まわり設備機器の取替まで必要な工事をわかりやすくご提案いたします。

マンションならではの リノベーション後の暮らし方

  • これからは夫婦二人でゆったり贅沢に暮らすために、大空間を造ってホテルのような上質な空間にする。
  • 共働きのご夫婦は家事動線を変えてパパっと作業を効率よくこなしていけるようにすることで、ゆとりの時間をつくる。
  • 快適なリモートワークができるように、ON/OFFの切り替えができる空間づくり。
  • 玄関からつながる広い土間で趣味を満喫。
住みにくくなった間取りをアレンジして、
内装や設備も新しく、新築のようにキレイで快適な住まいをご提案します。

一般的なリノベーション

現在お住いのマンションのリノベーションでは大規模改修をする際に一緒に水回りを一新することが多いと思います。大量に仕入れるので安くできるからですね。
そこで一番よく聞くことは、選択肢が少ないということです。
例えばキッチンの色は3色しか選べない、単なるキッチンの交換になる事が多いというところです。本当はキッチンの位置を変えて広いLDKにしたい、食洗器やタッチレス水栓を付けたい、子供たちが独立して余っている部屋をうまく活用できないかといった相談を受ける事も多々あります。
ライフステージによって住みやすさの基準が変わってくるということです。

マンションリノベで、 できること・できないこと

マンションは駅の近くや買い物が便利な場所等、利便性がとてもいいところにあるのが特長です。また、高層階においては眺望がよく、とても開放的な部分もマンションのいいところです。
マンションリノベで注意する点は専有部分と共用部分に分かれますので、リフォームできるところは基本的に専有部分のみとなるところです。例えば玄関ドアやサッシは共用部分になりますので個人の判断で交換することができません。交換するときはみんなで貯めた修繕積立金から全戸数の交換が必要になってきます。その代わり専有部分と呼ばれる内部は自由です。フルリノベしても戸建てほどの予算は掛かりません。

中古住宅に“新たな価値”をプラスして暮らす、住まい探しのお手伝いから資金計画、そして快適なリノベーションやアフターフォローまで末永く暮らすスタイルをご提案いたします。
戸建、マンションとも低金利の住宅ローンで物件購入とリノベーションを一本化することが可能です。

1サッシ

内窓(インプラス)を付けて二重サッシにすることは可能

サッシを丸ごと交換することは不可

2バルコニー

床や外壁に固定しないもの
緊急時の避難の妨げにならないものであれば設置可能

フェンスや手すりに手を加えることはできない

3玄関ドア

ドアの内側の塗装や鍵の交換は可能

ドア自体の交換は不可

4アルコーブ、ポーチ・廊下

共有部のため、手を加えることはできない

無料相談会開催中